プレスリリース:鶴見サンマリンとの契約締結、社船全船への搭載へ

グローク・テクノロージズが開発する状況認識システム、グローク・プロが、鶴見サンマリン株式会社が保有する社船全船に搭載されることが決定致しました。これは当社にとって初の契約となります。グローク・プロの導入により、より航海の安全性を担保し、乗組員の負荷が軽減されることが期待されています。鶴見サンマリンは今後、社船以外の運航船舶にも同システムの普及を図り、内航海運業界の課題解決と近代化に寄与していく方針です。

鶴見サンマリンは、約150隻のタンカーを運航するタンカーオペレーターで、1947年の設立以来、石油製品の輸送を行っています。当社の株主でもあり、製品開発段階から協力を得ていました。今回の商用化に当たり、いち早く製品の購入を決定し、積極的に船舶の安全運航に貢献しています。 グローク・テクノロジーズは、2019 年にフィンランドを拠点に設立されたスタートアップ企業です。日本内航海運業界が課題とする船員不足や高齢化に焦点を当て、船員負担を軽減するソリューションの開発に取り組んでおり、ついに最初の製品となる、状況認識システムグローク・プロならびにグローク・ライトの販売を開始致しました。今後もデジタル技術を通じた課題解決に取り組んで参ります。

« Back